English
中国曁南大学中薬・天然薬物研究所所長 高昊教授 講演会

漢方の生薬について活躍されている若手研究者である
中国曁南大学 中薬・天然薬物研究所所長 高昊教授が
理研NMR施設を来訪し講演会が開かれました。

 
講 演 者: 高昊 教授(中国曁南大学中薬・天然薬物研究所所長)
日  時: 2016年 8月 2日 (火) 10:30 ~ 11:30
会  場: 理化学研究所 横浜キャンパス 西NMR施設内セミナー室 N203
使用言語: 英 語
タイトル: Apparent-equivalent diastereoisomerism and the structural identification based NMR data comparison
 
アブストラクト: Fusarins G1/G2 (1/2) and G3/G4 (3/4), two sets of interesting examples of diastereoisomers with substantially identical NMR data, were discovered from natural products. The reason was discussed and the generally applicable determinant conditions were proposed. The minimum interval for stereoclusters to be entirely segregated was also discussed.
 
世 話 人: 理化学研究所 CLST DSSB NMR施設 前田秀明施設長