高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物関連シンポジウム 及び理研NMR施設見学会のご案内

お知らせ   戻る


「高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物関連シンポジウム
及び理研NMR施設見学会」のご案内


主催: (独)理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター NMR施設
(文部科学省「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」採択機関)


開催趣旨

天然物化学研究では、生物活性物質の構造解析などにおいて、NMRは極めて重要な研究ツールの1つです。さらに近年、生合成研究の進歩に伴い高感度かつ高分解能NMRの重要性はますます高まっていますが、個々の企業や大学で高磁場NMRを購入し維持することは容易ではありません。一方、理研NMR施設では、文部科学省補助事業により、企業やアカデミアの研究者が低分子化合物やタンパク質の構造解析を行なう設備を共用しています。そこで今回天然物化学研究における高磁場NMRや固体超高速MASの利活用を促進するためのシンポジウムを開催します。


東京大学大学院 薬学系研究科 教授
阿部 郁朗 
理化学研究所 環境資源科学研究センター グループディレクター 
斉藤 和季 
理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 研究員
張 恵平 
   
開催情報

日   時:

2014年8月22日 (金) 13:30 ~ 17:35

会   場:

理化学研究所・横浜キャンパス 交流棟ホール1階

 

〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-22

 会場へのアクセス

お申し込み:

参加申し込みは終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。

参加申し込み締め切り:8月19日(火) (施設見学の定員:60名)

参 加 費:

無料 (懇親会に出席される方は懇親会費:2,000円)

連 絡 先:

理化学研究所  秋山 弘成 

   
プログラム(予定)
   
座長 脇本 敏幸(東大薬 准教授)

13:30 – 13:40 阿部 郁朗 (東大薬 教授)
13:40 – 13:50 岸本 康夫 (科学技術・学術政策局 次長)
13:50 – 14:15 佐竹 真幸 (東大理 准教授)
14:15 – 14:40 楊 志剛 (理研 特別研究員)
14:40 – 14:55
14:55 – 15:20 前田 秀明 (理研 NMR施設長)
15:20 – 15:45 林 文晶 (理研 ユニットリーダー)
15:45 – 16:10
16:10 – 16:20 前田 秀明

16:30 – 17:35
18:00 – 19:30