外部共用事業とは

1.概要

国立研究開発法人 理化学研究所(松本紘理事長)が所有する「NMR(核磁気共鳴)装置」およびNMR解析試料の調製からタンパク質の立体構造の決定までを一貫して行う「NMR立体構造解析パイプライン」について、外部の研究者・企業による利用者の受付を2007年度から開始しました。理研が所有するNMR施設は、文部科学省の委託事業「タンパク3000プロジェクト」の「網羅的解析プログラム」(2002~06年)において、年間約300のタンパク質立体構造のNMR解解析を行ってきました。

2007年度以降は、本プロジェクトでの技術開発、施設整備、人材育成、解析体制の構築などの成果を発揮し、特に、本施設が世界に誇るNMR立体構造解析パイプラインの機能を最大限に活用して、わが国の今後のライフサイエンス研究のステップアップに貢献していくための新たな方策として、NMR施設の外部解放事業を展開していきました。

2016年度からは、より広く皆様にご利用頂けるよう理化学研究所独自のサービスとしてさらなる拡充を図ってまいります。

2.共用装置

理研NMR施設は、NMR 900MHz3台、800MHz2台、700MHz3台、600MHz2台という世界最大規模のNMR装置集積台数を誇ります。 すべてのNMR装置で最新鋭の分光計を揃えることで、更に高速かつ高精度計測が可能となり、世界的にも注目される国産技術の超高速MAS 1mm固体NMRプローブといった高性能の装置のラインアップを充実させるなど、これまで以上に様々な測定を実施して頂くことが可能となっております。


また、理研が開発した無細胞タンパク質発現技術を組み合わせることにより、タンパク質のNMR解析適合性の判定から、安定同位体標識試料の調整、多次元NMRデータの測定、これに基づくタンパク質の立体構造の決定までを一貫して行うシステム「NMR立体構造パイプライン」をご利用頂くことが可能です。

ご利用に関するご相談・お問い合わせ、施設見学(少人数可)は随時メールで受け付けています。
お気軽にご相談ください。

理化学研究所 NMR施設開放担当