external_H20-1
施設利用・公募情報 
    
NMR施設の外部利用者募集について

ご利用に関するご相談・お問い合わせ、施設見学(少人数可)は随時メールで受け付けています。
お気軽にご相談ください。

理化学研究所横浜研究所
NMR施設開放担当
E-mail: nmrkaihou@yokohama.riken.jp

平成20年度第1回公募受付中
(締切:平成20年3月31日)

→平成20年度第2回公募は6月頃を予定しております。
 
 

1.概要

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、理研ゲノム科学総合研究センター(榊佳之センター長)が所有する「NMR(核磁気共鳴)装置」およびNMR解析試料の調製からタンパク質の立体構造の決定までを一貫して行う「NMR立体構造解析パイプライン」について、外部の研究者・企業による利用者の受付を2007年8月24日(金)から開始しました。

理研が所有するNMR施設は、文部科学省の委託事業「タンパク3000プロジェクト」の「網羅的解析プログラム」(2002~06年)において、年間約300のタンパク質立体構造のNMR解析を行ってきました。2007年度以降は、本プロジェクトでの技術開発、施設整備、人材育成、解析体制の構築などの成果を発揮し、特に、本施設が世界に誇るNMR立体構造解析パイプラインの機能を最大限に活用して、わが国の今後のライフサイエンス研究のステップアップに貢献していくための新たな方策として、NMR施設の外部解放事業を展開していきます。

 

 

2.外部利用の形態

今回募集を行う外部利用の形態は次の3種類です。

  (1)文部科学省委託事業「先端研究施設共用イノベーション創出事業」*注

対象利用課題としての利用(成果非占有、経費国支援) 

  (2)成果占有利用(有償)

  (3)成果非占有利用(有償(割引料金適用))

  

*注 「先端研究施設共用イノベーション創出事業」 
2007 年度から文部科学省が新たに開始した委託事業で、大学、独立行政法人などの研究機関が有する先端的な研究施設・機器について、国の経費支援により 産業界または産学官による広範な分野における幅広い利用を促進し、イノベーションにつながる成果を創出していくことを目的としている。理研では、理研が保 有するNMR施設を対象とした、「NMR立体構造解析パイプラインの共用化によるイノベーションの創出」について本事業の採択を受けている。なお、同じく 採択を受けた公立大学法人横浜市立大学の「超高磁場超高感度NMR装置利用による化合物のスクリーニング」とは、課題公募、選定、成果発表などについて連 携して事業を実施している。
(横浜市立大学の本事業関連URL: http://www.yokohama-cu.ac.jp/res/info/kyoyo_nmr.koubo200802.html

  

3.応募条件

  (1)については、産業界利用や産学官共同研究利用が対象となります。また、(1)と(3)については、成果公開が条件となります。詳しい応募条件は公募要領で御確認ください。

また、(1)については次の誓約事項につきご了解いただける方に限ります。

 

  (2)については個々の案件ごとに調整させていただきます。

  (3)については次の誓約事項につきご了解いただける方に限ります。


  なお、いずれの場合もNMR利用の経験の有無については問いません。

 

4.実施課題の選考

  (1)及び(3)については、提出頂いた理研NMR施設利用申請書をもとに、利用課題としての適正を判断の上、選考致します。


  (2)については、個別にご相談の上、利用時期を調整させていただきます。(選考は行いません)

 

5.公募要領、応募書類、提出・申込方法

(1)「先端研究施設共用イノベーション創出事業」へのお申込み 

ア. 公募要領

次の公募要領をよくご確認の上、手続をお願いします。

平成20年度「NMR立体構造解析パイプラインの共用化によるイノベーションの創出のためのNMR施設の供与」利用課題公募のご案内(pdf,36.8KB) 

【別紙】各戦略分野の概要(pdf,27.3KB) 

 

イ. 応募書類

 

次の申請書をダウンロードの上ご利用ください。

理研NMR施設利用申請書(word, 59.5KB)

理研NMR施設利用報告書(word, 66.5KB)】

ウ. 提出方法 

Eメールに電子ファイルを添付の上、下記提出先まで送付をお願い致します。

エ. 提出先

独立行政法人 理化学研究所 横浜研究所

研究推進部 NMR施設開放担当

E-mail: nmrkaihou@yokohama.riken.jp 

オ. 提出締切

平成20年3月31日 

カ. スケジュール(予定)

平成20年 2月12日 平成20年度1回応募受付開始
平成20年 3月31日 平成20年度1回応募締切
平成20年 4月 平成20年度1回採択利用課題決定
平成20年 5月 平成20年度1回利用開始
平成20年 6~7月 平成20年度2回応募予定
平成20年 9月 平成20年度2回利用開始

  

(2)成果占有利用へのお申込み

  本利用につきましては、随時個別にご相談させていただきます。下記問い合せ先までお気軽にお問い合わせください。

   成果占有利用 利用料金表

 

(3)成果非占有利用へのお申込み 

ア. 公募要領

次の公募要領をよくご確認の上、手続をお願いします。

平成20年度NMR施設(成果非占有利用)利用課題公募のご案内(pdf, 33.8KB)

【別紙】 成果非占有利用 利用料金表 

 

イ. 応募書類

 

次の申請書をダウンロードの上ご利用ください。

理研NMR施設利用申請書(word, 55.5KB) 

理研NMR施設利用報告書(word, 51.5KB)】

ウ. 提出方法 

Eメールに電子ファイルを添付の上、下記提出先まで送付をお願い致します。 

エ. 提出先

独立行政法人 理化学研究所 横浜研究所

研究推進部 NMR施設開放担当

E-mail: nmrkaihou@yokohama.riken.jp

オ. 提出締切 

応募は通年で随時受け付けます。

(平成20年度1回目利用をご希望の方は平成20年3月31日が締め切りとなります) 

カ. スケジュール(予定)

平成20年 2月12日 平成20年度1回応募受付開始
平成20年 3月31日 平成20年度1回応募締切
平成20年 4月 平成20年度1回採択利用課題決定
平成20年 5月 平成20年度1回利用開始
平成20年6~ 7月 平成20年度2回応募予定
平成20年 9月 平成20年度2回利用開始

 

6.採択利用課題一覧

平成19年度 第1回採択利用課題(平成19年10月)

平成19年度 第2回採択利用課題(平成20年1月)

平成20年度 第1回採択利用課題(平成20年4月)

 

 

(本事業に関する問い合わせ先)

独立行政法人 理化学研究所 横浜研究所

研究推進部 NMR施設開放担当

E-mail: nmrkaihou@yokohama.riken.jp