English
日仏中国際固体NMRワークショップ開催のお知らせ

 

The 1st Asian-European International Exchange Symposium in Solid State NMR 

日仏中国際固体NMRワークショップ 

 
概要

固体NMRは、ほかの分析手法では得られない構造・物性情報が手に入る強力な手法であり、合成高分子、無機材料、タンパク質などをはじめとする広い対象で活用されています。そして近年のさらなる技術の進歩により、さらに応用範囲が広まることが期待されています。今回のシンポジウムではフランス、中国、日本で固体NMRを使った最先端の研究を行っている方々にお越しいただき、最近の分析手法とアプリケーションについてご講演いただきます。

     主 催
:理化学研究所 放射光科学研究センター NMR研究開発部門
     共 催
:ブルカージャパン株式会社、日本電子株式会社
     後 援
:NMR共用プラットフォーム
 
オーガナイザー
    ・石井 佳誉(理化学研究所/東京工業大学)
    ・堤  遊 (ブルカージャパン株式会社)
    ・西山 裕介 (理化学研究所/株式会社JEOL RESONANCE)
    ・Jean-Paul Amoureux(リール大学)
開催情報

日時


:

1日目

: 6月12日(水) 10:00 ~ 18:00(受付:9:30~)(懇親会:18:00~)

2日目

:    13日(木) 9:30 ~ 12:45(受付:9:00~)

場所

:

理化学研究所 横浜キャンパス 交流棟ホール1階
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22  [ アクセス ]

言語

:

英語

定員

:

70名

 

参加費 

:

無料(懇親会に出席される方は懇親会費:3,000円)

申込締切日

:

定員に達し次第締め切ります。[ 懇親会の参加登録は締め切りました]

申込方法



:

下のボタンから

受付は終了しました

 

お問い合わせ

:
理化学研究所RSC NMR研究開発部門
Email:
講演者
    Laurent Delevoye(リール大学)川村 出(横浜国立大学)
    Franck Fayon(CNRSオルレアン) 根来 誠(大阪大学先導的学際研究機構)
    Christian Bonhomme(パリ第6大学)横井 俊之(東京工業大学)  
    Jean-Paul Amoureux(リール大学)松木 陽(大阪大学蛋白質研究所)
    Xingyu Lu(西湖大学)野田 泰斗(京都大学)
    Bingwen Hu(華東師範大学)堤  遊(ブルカージャパン株式会社) 
    Nghia Tuan Duong(理研-JEOL連携センター)永島 裕樹(産業技術総合研究所)
    Qiang Wang(中国科学院武汉物理与数学研究所)
プログラム
1日目 2019年6月12日(水)
10:00 - 10:15

Welcome & Introduction to RIKEN NMR Division

石井部門長

Methods:(座長:西山 裕介)
10:15 - 10:55

1D acquisition with UDEFT of nuclei with very long T1, and 2D indirect detection with selective pulses of very broad spectra

Jean-Paul Amoureux (リール大学)

10:55 - 11:35

Molecular Characterization of Pharmaceutical Products by Ultrafast Magic-Angle Spinning NMR 

Xingyu Lu (西湖大学)

11:35 - 12:05 

Accurate determination of 1H/X(14N, 35Cl, 63Cu) distances at fast MAS

Nghia Tuan Duong (理研-JEOL連携センター)

12:10 - 13:30

昼 食

Methods II: (座長:Jean-Paul Amoureux)
13:30 - 14:00

460 GHz-700 MHz DNP-NMR using Closed-Cycle Helium MAS and Dual Gyrotron Setup

松木 陽 (大阪大学蛋白質研究所)

14:00 - 14:40

Path-sum, a new mathematical approach for solid state NMR: applications to materials.

Christian Bonhomme (パリ第6大学)

14:40 - 15:10

Room temperature hyperpolarization using pentacene

根来 誠 (大阪大学先導的学際研究機構)

15:10 - 15:40

休 憩

Materials & Quadrupolar/Inorganic NMR: (座長:堤 遊)
15:40 - 16:10

Control of the Al Distribution in the Framework of Zeolite and Its Evaluation by Solid-State NMR Technique and Catalytic Properties

横井 俊之 (東京工業大学)

16:10 - 16:40

Speeding up the DNP acquisition of half-integer quadrupolar nuclei

永島 裕樹 (産業技術総合研究所)

16:40 - 17:20

Toward faster multidimentional NMR and MRI experiments in the solid-state

Franck Fayon (CNRSオルレアン)

17:20 - 17:50

Structure of Cysteine Ligated to CdSe Magic-Sized Clusters

野田 泰斗 (京都大学)

18:00 - 20:00

- 懇親会 - 交流棟2階会議室(旧パーティルーム)


2日目 2019年6月13日(木)
Biological & Materials Applications: (座長:石井 佳誉)
 9:30 - 10:10

Solid-State NMR and Catalysis : a Tool Box to Probe the Surfaces

Laurent Delevoye (リール大学)

10:10 - 10:40

Speeding up experiments in Solid State NMR

堤 遊  (ブルカージャパン株式会社)

10:40 - 10:50

休 憩

10:50 - 11:30

Metal Active Sites in Zeolites: Insights from Solid-State NMR Spectroscopy

Qiang Wang(中国科学院武汉物理与数学研究所)

11:30 - 12:10

Solid state NMR, EPR and the batteries 

Bingwen Hu(華東師範大学)

12:10 - 12:40

Solid-state MAS NMR study of seven-transmembrane rhodopsin

川村 出 (横浜国立大学)

12:40 - 12:45

閉会挨拶

斎藤 尚樹(理研横浜事業所 所長)

Lab Tour (Optional)