平成30年度
共用事業の成果

平成30年度

list成果非占有利用(課題選定委員会についてはこちら

課題番号 利用課題名 利用機関名 実験責任者名 備考
18-200-072ポリセオナミドの固相全合成研究東京大学助教 
伊藤 寛晃
18-200-073核酸触媒の構造解析産業技術総合研究所
バイオメディカル研究部門
研究グループ長
宮岸 真


list最先端利用開発利用

(本利用におけるNMR共用プラットフォームの課題番号及び選定委員会については NMR共用プラットフォームのポータルサイト をご参照ください )

課題番号 利用課題名 利用機関名 実験責任者名 備考
18-900-005セメント硬化体の微細構造に関する基礎的研究北海道大学大学院教授
五十嵐 敏文
18-900-006低分子化合物NMRによるDJ-1の真の基質解明のための技術開発東京都医学総合研究所プロジェクトリーダー
松田憲之
18-900-007タンパク質フォールディング機構解明に向けた人工分子シャペロン材料の開発東京大学大学院
工学系研究科応用化学専攻
藤田大士
18-900-008多周波数NMR緩和測定による高分子物質のスペクトル密度関数と分子ダイナミクス群馬大学大学院
理工学府分子科学部門
准教授
浅川直紀
18-900-009タンパク質における特異なプロトン化状態の、NMRによる直接観測とそのための手法開発首都大学東京
理学研究科・化学専攻
准教授
三島 正規
18-900-010最大10気圧までの高分子材料-気体系のNMRスペクトルでわかる材料の構造と物性名古屋工業大学大学院
工学研究科
准教授
吉水 広明
18-900-011蛋白質立体構造のアンサンブル解析首都大学東京
理学研究科化学専攻
助教
池谷鉄兵


listNMR共用プラットフォーム トライアル

課題番号 利用課題名 利用機関名 実験責任者名 備考
18-1200-002RNA二次構造の安定性に関するパラメータの取得株式会社Veritas In Silico篠 阿弥宇

利用報告書

18-1200-003固体NMRによるフッ素ポリマーの組成分析NOK株式会社
技術研究部 研究三課
課長
鈴木望
18-1200-004高性能エレクトレットの構造解明University of Tokyo
Mechanical Engineering
Seonwoo Kim

利用報告書

18-1200-005合成ポリフェノール誘導体の構造解析東京工業大学
理学院化学系
准教授
大森 建

利用報告書

18-1200-006天然色素ペプチドの構造解析慶應義塾大学
理工学部応用化学科
准教授
犀川陽子

利用報告書



list被災支援特別枠について

自然災害に被災し、NMR装置が稼働不能となり教育活動や研究活動に支障が発生した機関に対して、施設が復旧するまでの期間、NMR共用プラットフォーム参画機関のNMR装置を利用してもらうことで被災支援の取組みを行なっていきます。

課題番号 利用課題名 利用機関名 実験責任者名 備考
18-600-003北海道大学における高磁場NMR装置を利用した研究教育活動北海道大学大学院
先端生命科学研究院
教授
相沢智康
2018年9月6日に発生した北海道肝振東部地震とそれにより発生した5日間にわたる長期間停電の影響で、北海道大学NMR施設の800MHz NMR装置2台の磁石が稼働不能となり、施設を活用した教育研究ならびに共同利用に大きな影響が出ることとなりました。そこで、北海道大学NMR施設が被災から復旧するまでの期間、NMR共用プラットフォーム参画機関のNMR装置を利用してもらうことで被災支援の取組みを行ないます。